リフォームで雨漏り改善【ポタポタ雨をしっかりガード】

インテリア

スキマを塞ぐ

ヘルメット

瓦のズレやひび割れにより雨が侵入してくることがある。そうなると、家が水浸しになってしまうので困ったものだ。また、軽量タイプの瓦を使っている場合にはビスの止め方により雨漏りの原因となる。

詳しくはコチラ

壁からの雨漏り

笑顔

色々な場所から雨漏りは発生するものだ。早めに発見すれば自分でコーキング剤を使用して修繕可能だが、素人では分からないことも多い。そのため、リフォーム業者に頼るのも一つの手だ。

詳しくはコチラ

瓦屋根から

住宅

雨漏りの原因として一番多いのは屋根である。屋根は直接雨が当たる場所となっており、何十年も経つと必ずと言っていいほど雨漏りをする。そのため、リフォーム業者に点検して貰うと良いだろう。

詳しくはコチラ

さまざまな原因

男性

雨漏りとひとくちに言ってもさまざまなものがある、それによってリフォームの方法も変わる、という話だ。そう、雨が漏る、というのはそれほど単純なことではない。というか、雨が降って家の何処かに穴が開いていてそこから雨粒が侵入してくる、という原理自体は、複雑なものではない。複雑なのは、雨粒が家の表面の何かしらの欠損部分から入ってきて、家具やわれわれの頭の上に至る、その道筋なのだ。そこから漏るからといって、屋根の、その垂直上に原因があるのではない、ということは前にも書いた。実に、さまざまなところに穴や隙間や何かが出来る原因があるのだ。雨漏りっていうのは屋根から来るんだと思い込んでいる人はないだろうか?わたし自身も昔はそう思っていた。マンガ的発想だ。だが、違う。雨はいろんなところから家の中に入ってくる。たとえば壁に穴が開いているときに横殴りの雨が降れば、ななめに雨が漏るだろう。そんな感じだ。屋根だけではなく、壁にも原因があるんじゃないか?そう考えるべきである。ななめに入ってきた雨が、屋根と天井のあいだの空間をすり抜けて、天井から室内に落ちてくる、ということだってありうるのだ。壁からの雨漏りには、われわれ自身が対応できる場合もある。それについて、次にすこし取り上げよう。

雨漏りをしてしまった時には、すぐに業者に相談をする必要がある。もちろん、自分で対処することもできるが、それだと本格的な修繕をすることは難しいので、できるだけリフォーム業者に依頼するようにしよう。

Copyright© 2016 リフォームで雨漏り改善【ポタポタ雨をしっかりガード】All Rights Reserved.